地鎮祭をする意味と日取りの大切さ

新築のお客様の地鎮祭に立ち会わせていただきました。
建替で解体からスタートしています。
契約〜竣工まで節目の日取りや間取りを風水鑑定してお手伝いをさせていただいています。

建築に関しては、竣工するまでに神事祭祀がいくつかあり、それぞれの目的にふさわしい日取りを選定します。
工事を始める前に地鎮祭をしますが、地鎮祭ってなぜするかご存知ですか?
時代と共にだんだんと省略化されてきていますが、土地を触ることを地の神様に対して土を触らせていただきます。
無事に事故がなく安全に終わりますことをお守りください。家族の幸せをお守りください。
という意味があります。お施主様と建築をする人両方にとっての安全祈願でもあります。

日取りについて
一般的に、六曜(ろくよう)といってカレンダーや手帳でよく目にする大安とか仏滅とか友引とかが、日本ではよく使われています。
一番誰にでも馴染みのある日取りですね。
結婚式に仏滅はあえて選ぶ人はいませんね。
(仏滅に結婚式は日が悪くて式場が空くので割引が効くので選ぶ人はいますね。)

私は、風水の専門なので、
・干支(かんし)
・六十四卦(ろくじゅうよんか)
・二十八宿(にじゅうはっしゅく)
・十二直じゅうにちょく)
という日取りの種類を読み解きながら、
擇日法(たくじつほう)という方法で目的にふさわしい日か、ふさわしくない日かを調べていきます。

建築は土地を更地にしてから建物が完成する日まで長い月日がかかります。
土を触る、地面を掘る
組み立てる、棟を上げる、壁塗り、屋根ふき
たくさん工程があります。
建築工程にそれぞれ目的に合ったふさわしい日取りがあるのです。

地鎮祭にふさわしい日
着工にふさわしい日
棟上式にふさわしい日
をひとつひとつ目的に合わせて調べていきます。

逆に、土を触るのは避けるべし日、高所に昇って作業するのは避けるべし日など、建築に関係することを避けたほうが良い日もあります。
急に直近のことを調べるのは、工期のスケジュール上現実的ではないですが、あらかじめ家を建てることが決まったら計画にこの日取りのスケジュールを組み込むことができると、お施主さまは安心でき、施工する工務店さんもスケジュール、段取りが組みやすいということで、完成までの間、みんなが気持ちがすっきりと安心できます。
建築というのは、とても大きな出来事ですので途中で気の流れや運気の流れが変わるのは、出来事として普通にありえます。
流れの変化が人間の目には見えないので、信じるとか信じないとかっていう占い的方向にいきがちなのですが、大地に穴を掘ったり、建造物を建てたりするのは、大きな環境の変化になります。
何千年も前から先人たちが大事にしてきた神事の儀式ですので、ないがしろにしないことをお勧めします。
「気のもちよう」とも言いますが、よく考えてみてください。
自分が一生住む住処や、大事な会社の建物が後々トラブルが起こるとか、家族や社員に不運が起こるとか、繁栄するとかしないとか、嫌なことは起こって欲しくありませんよね。
ご先祖様に手を合わせて先祖を大事にするように、自分の財産になる家(会社)に対しても、末長く家と家族を見守っていただくよう祈願するのはいかがですか。
人生で一番高い買い物をする家ですしね、家が出来上がるまでの節目の工程を良い日を選ぶことは、良い環境の中に家を建てる方法の一つになりますよ。

方位や間取り(地理風水)が気になる人のほうが多いのですが、節目をきちんと目的に合った吉報日を選ぶこと(天文風水)もとても大きな役割です。わかりやすく言うと、吉報日によって助けられるということもあります。
例えば、方位や間取りがあまりよろしくない状況の場合は、日取りを必ず吉報日を選ぶことで、方位や間取りのマイナス面を軽減できます。
どっちもベストを選ぶことがなかなか難しいのが現実的です。
風水はバランスを大事にしますので、片方悪くても片方良ければプラスマイナスゼロで、結果OKとなります。
プラスが良いに越したことはありませんが、マイナスかゼロかを比較したらゼロを良しとしましょう。
風水で気になる方は、一度ご相談くださいね。

【 設計・施工 】:辰巳工務店
【 風水建築コーディネート 】:ハラプロ


祭壇を東か南に向けて作ります。


祭壇の右手前に盛砂を作ります。


盛砂の上に草を刺します。

盛砂の上に刺さっている草を刈る鎌、土を掘る鍬。


三法の上に、お供え物を飾ります。

 

2018-06-15
関連記事