風鈴つけました

きのう、6/5から二十四節気でいうと芒種に入りました。

芒種(ぼうしゅ)とは…
稲や麦などの穂の出る植物の種を蒔くころのこと。
稲の穂先にある針のような突起を芒(のぎ)という。

昔から芸事の世界では、稽古はじめを6歳の6月6日にすると上手になる、といわれているそうです。
指折り数えるとき、6はちょうど小指が立つので、「子が立つ」のは縁起がいいからとか。
今日から何かお稽古はじめるといい日なんですね!

 

福岡は今日梅雨入りしましたね。
あのジメジメした雨の多い季節がやってくるのですね。

ハラプロオフィスはそんなジメジメした空気を少しでも気分爽やかに、風鈴つけました。
オフィスの中、真鍮のパーツをちょこちょこ使っているので風鈴も真鍮に。

クーラー要りそうなぐらい暑くなるまでは、玄関開けっ放しにしてますから、
打ち合わせで来社するお客さま、風鈴の音をお楽しみくださいね。
涼しげです。

2017-06-06
関連記事